FC2ブログ
2018/11  January February March April May June July August September October November December
123456789101112131415161718192021222324252627282930
←2018/10   2018/12→
------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

clap

theme : -

20140116
こんばんは、さきちです。
卒論の面談が終わり放心状態なうです。

まあそれはさておき、新アニメを見たので感想を書いておこうと思います。
今回見たのは、「いなり、こんこん、恋いろは。」です。

OPはMay'nさん、EDは坂本真綾さんと、たいへん豪華です。
絵も安定していて、全体的に綺麗です。


では内容をば。
主人公は伏見いなりという中学2年生の女の子。
冒頭では小さい頃のいなりとお兄ちゃんの燈日(とうか)が出てきます。

燈日「いなり!」
いなり「神社ー♪ いなりの神社ー♪」
燈日「勝手にうろちょろすんな!」

というやり取りがあります。
いなりは楽しそうに神社を駆け回り、燈日は必死にそれを追いかける…しっかり者のお兄ちゃんと天真爛漫な妹って感じがしましたね。
そしてそれを鳥居の上から微笑ましく見下ろす女性。
これが後に出てくる神社の神様です。

そして場面が変わって現在。
寝坊して遅刻しそうになったいなりは、近道として神社の中の道(?)を通ります。
そこで、一匹の狐が川に落ちかけているのを見つけて助けようとするも、自分が落ちちゃいます(笑)
で、結局学校のチャイムが鳴って遅刻確定。
典型的なドジっ子ですねー。
でも、そんな優しいところには好感がもてます。
「ああ…もういいっすよ。遅刻したって、別に死なへんもんねー。アホは、風邪引かへんもんねー。」
ってセリフは言い方が可愛かったです^^

それから舞台は学校へ。
セリフはないけど、狐を助けて遅刻しましたと正直に話して先生に怒られるいなり。
アホの子やねんな、うん。
さて、ここでいなりの片想いの相手である丹波橋紅司が出てきます。
たんばばしって、言いにくい←
バスケ部で努力家の好青年(好少年?)で、君に届けの風早くんを彷彿とさせます。
そのかっこよさにキュンキュンきているいなりに対し、ボーイッシュで気が強い友人1の三条京子は、「丹波橋の何がそんなに良いんか、分からん」と言い放ちます。
おおう、辛辣…(´Д`;)
丹波橋くんがバスケの試合で活躍できるよう、いなりがお守りを用意していつ渡そうか悩んでいるのに対しても、「潔く振られろ」とまで言ってますしね。
恋愛に興味なし? それとも、いなりを取られることへの嫉妬?
後者であれば百合を疑いますけど、どうなんでしょうね?(ちなみに私は百合好きではありません。)
まあそれは後々分かることでしょうから保留として。

でも、風早くん丹波橋くんは、同じクラスのマドンナ・墨染朱美に恋をしている模様。
墨染さんを見つめる丹波橋くんを見ていたら、いなりの頭にバスケットボールが直撃しますΣ
ドジっ子炸裂です。
それを見て先生、「おーい、丹波橋! お前、伏見に(バスケを)教えたれ」

いや、そこは保健室だろ。
ここは絶対にみんなが突っ込んだはず(笑)
テンプレ展開を避けたのかもしれませんが、あまりにも生徒を心配してなさすぎww

でも、それのおかげでいなりは丹波橋くんにバスケを教えてもらえることに。
「バスケ部の試合、頑張って」
その一言が言えず、いなりは結局ドリブルを教わることに。

何で言いたいことが言えないのか、自己嫌悪に陥ってぼーっとしていると、丹波橋くんから「ドリブルをやってみて」をボールを放られます。
いなりはそれをうまくキャッチできず、なんと丹波橋くんを後ろから押し倒してズボンを引きずり下ろしてパンツ一丁にしてしまいます。

パンツ一丁の姿をクラス全員に見られ、笑われるとは…。
思春期の男子にこれはなかなかキツい(´ω`;)
いなり、ドジっ子にも程がある…。
ただ、そのあとの対応はいただけませんね~。
いくら羞恥プレイを施されて傷ついたといっても、謝ろうとしている相手を徹底的に避けるのは、ちょっとどうかと。
中学生の男の子だったら、許せないもんなんですかね?
私は女なので、男の気持ちは分からないです(´ω`)

さて、いなりが仲直りをしようと丹波橋くんを追いかけていると、クラスのマドンナ・墨染さんと一緒にいるところを見てしまいます。

墨染「これ(ラブレター)……読みました。ごめん、お返事ずっと待たせてもうてて」
丹波橋「あっ…いやぁ、別に急ぎってわけじゃあ……/// えっと、それで、返事は……」
墨染「ごめん、まだ、もうちょっとだけ考えさせてもらえる?」
丹波橋「う、うん…」
墨染「バスケ部、明後日試合やんな?」
丹波橋「あ、うん///」
墨染「そっか、頑張ってな」(背景きらきら)
丹波橋「あ、ありがとう///」

丹波橋から墨染へのラブレター

      +

いなりは言えなかった「試合頑張って」


のダブルパンチですよ(Oh...
好きな人に避けられるわ、好きな人の片想いの相手がかわいい女の子だわ、自分が言いたくても言えなかった言葉を墨染さんにいとも簡単に言われるわ…。
これは2コンボのクリティカルヒットで大ダメージ喰らいますね←
これがきっかけで、いなりは墨染さんに強く憧れを抱くようになります。

その場を去り、泣きながら走ってたどり着いたのはいつもの神社。
いなりは思わず、「神様!!」と叫びます。
すると、鳥居の前に鎮座していた二対の狐の像が実体化し、まるでいなりについてこいと言わんばかりに神社の奥へと歩き出したのです。
この時点で結構ホラーww
のこのことついていけるいなりは素直なのか、アホなのか…(たぶん両方)。

着いた先は池?の中に建ったお社。
かなり神々しいです。
中に入るとそこには冒頭で出てきた神様である、「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」こと「うか様」がいました。
とっても美しかー、な女神さまです。
CVはなんと、桑島法子さん。
出てきた瞬間に「あっ……(察し)」状態になる私←
だって、ねぇ?←聞くな
まあ神様だからそう簡単にお隠れになることはないとは思いますけれども(;・∀・)
展開次第では…ゲフンゲフン

はい、気を取り直して本題に。
ここでうか様は、いなりが朝に御使いの狐を助けてくれたことに感謝し、お礼として願いを一つだけ叶えてくださると言うのです。
いなりの悲痛な叫びに気づいたうか様は、いなりが長年神社を愛してくれていたこともあり、うか様にとって特別な存在であるいなりの助けになりたいとまで言ってくれます。

ここで「イケメンの彼氏ほしい」「大金持ちになりたい」「二次元に飛びたい」「願いを3つに増やしてくださry」などゲスい願いを考えた人は挙手!
(´◉◞౪◟◉)/<私だ

まあこんな汚い願いを考える奴が主人公になれるわけもなく、いなりは当然、「丹波橋くんと両思いになりたい!」「墨染さんみたいに可愛くなりたい!」とかテンプレの願いを言うんでしょ? でしょ?

いなり「墨染さんになりたい!」

ってえええぇぇぇΣ
「墨染さんみたい」ちゃうで、「墨染さん」やで!?
アホの子の発想はすごいですわヽ(´Д`;)ノ
それでそのまんま叶えちゃううか様もあれですわ、うっかり様ですわ。
そして神社の外で目覚め、家路につこうとするいなり。
途中、窓ガラスで自分の姿を見ると、なんと墨染さんの姿に変わってしまっていました。

その頃、家で心配していたいなり母が京子と丸ちゃんに連絡を取り、2人と燈日がそれぞれ捜索に駆り出されます。
なかなか見つからないいなりに焦る京子と丸ちゃん。
すると道中で、ランニング中の丹波橋くんに出くわします。
出会った瞬間、顔に向かって蹴り(寸止め)をお見舞いする京子ちゃん。
ちょっと、パンツ見えるって!←
そして京子はいなりを無視し続けた丹波橋を叱り飛ばします。
なんかこれ、女子にあるあるだなーと思いながら画面を眺めてました(笑)
友だちが傷つけられたら代わりに自分が抗議しにいく…友だちを大事に思うのは分かるんだけど、これは男からしたら鬱陶しかったのかなって大人になった今なら思えます。
私も歳とったね…。(遠い目)

墨染さんの姿になったいなりは帰ることができず、丼屋さんの前で立ち往生。
所持金21円じゃう●い棒くらいしか買えませんww
そんないなり(墨染さん)を見て、高校生がナンパしてきます。
初ナンパ?に焦ったいなりはそこから逃げ出します。

はい、ここで風早くん丹波橋くんが参上!
さすがイケメン、タイミングばっちりです!
丹波橋くんはいなりとは気づかず、墨染さんもいなりを探してるのかと誤解。
そしてお腹を最大級に空かせたいなりに天丼を奢るハメになりますw
ていうかいなり、3杯も食べてるw
食い過ぎw うぇww
そして丹波橋くんがいなりを避け続けたことを後悔し、自分のせいでいなりが家に帰らないと勘違いしていることを知ります。
「丹波橋くんのせいじゃない。私は、ここにいるよ!」
そう叫びたくても墨染さんの姿の自分では言うこともできません。
そこでようやく、姿形だけ変えても自分の思いを伝えられるわけじゃないと気づくんですね。(気づくの遅いけどw)
自分の言いたいことを言える墨染さんになる=自分の言いたいことが言える というわけではないんですよ。
結局、自分の思いを相手に伝えられるのは自分しかいません。
たとえ仮の姿で言うことができても、それは自分が言ったことにはならないのですから。

いなりは丹波橋と別れ、自分の間違いを恥じて鳥居の側で涙を流します。
うか様に願いを叶えてもらったにも関わらず、ちっとも嬉しそうじゃないいなりを見て、お狐さん2匹はうか様になんと報告して良いのか…と焦ります。
ていうかひーくん何してるのw
日野ちゃまも何してるのww
ってツッコミは置いといて。
狐を見つけたいなりは事情を話し、お社へと案内してもらいます。

そこでうか様は、乙女ゲーをやってた。

攻略キャラ「大事なのは外見じゃない。ボクはいま、君が何を思っているのかを知りたい。君の内面に触れたいんだ。大丈夫。さあ、君の全てをボクにさらけ出せ!」

ここはクッソワロタww
なんて俗世にまみれた神か!ww
というか、同志よ!←
乙女ゲーやってるとこ見られて恥ずかしがるうか様とか何これかわいいww

気を取り直して、いなりから事情を聞いたうか様はいなりに謝罪します。
しかし、いなりを元の姿に戻すことはできないと告げるのです。
様々な願いをもつ人が何人も神社に参拝しているのに、神が一人の人間の願いを何度も叶えることは神の掟によりできないというのです。

おい、それ先に言えよwww

願いを言った瞬間に叶えちゃう上に、そんな大事なことまで後出しとか、やっぱりうっかり様です。
うわこれ戻れんとかどうすんねん…視聴者の誰もが思ったことでしょう(笑)
ところがどっこい、代替案として、うか様の神通力の一部である「万物に変化する力」を授かります。

で、それを食べさせるときのセリフ
「大丈夫、怖くない」

今鹿かww

と、某ジブリアニメを思い出させる場面は置いといて。
これによって、いなりは自らの意思でなりたい者(ただし実在する人物にのみ)になることができるようになります。

え、これ、元に戻すよりもすごいことじゃね?

いやだって、元に戻すんだったら自分に戻るだけじゃん。
変化できる力とか与えちゃったら、人間の力を超えた存在になっちゃうじゃん。
しかし能天気ないなりは、すっかり魔法少女気分です。

いなり「じゃあ、じゃあ、呪文を考えないと!」
うか様「おお、それはそうだね」

それはそうだね/(^o^)\

じゃねーよww
何でこんな乗り気なんだ!
ツッコミ役不在って怖い!
それから呪文も呪文で、
「いなり、こんこん、元の姿に、なーぁれっ!」
って何やねん!
もっと捻れってわけじゃないけど、何やねん!
もうツッコミ疲れた!←
日常ほのぼの系から魔法少女ほのぼの系にシフトチェンジっすか?

まあこれで無事に元の姿に戻れたわけですが。
特別な力を得たいなりに、うか様はいなりが助けたコンちゃんをミニマムサイズに変化させ、お付きとして遣わせます。
でもコンちゃん、元の姿の方がかわいry
ちっちゃいのはなんかあざとry
ていうか思ったんだけどコンちゃん、おじゃるなアレの電●みたいな声ね?
声優さん確認してないけど、なんか似てたw

元の姿に戻れた上に変化できる力をもらい、コンちゃんというかわいいお付きもついて、うか様にも友人として扱われる。
かなり良い待遇ですが、何かできすぎなのでどこかでしっぺ返しが来る予感。
うか様は天照様に断りなく神通力の一部を人間に与えてしまったようですし、最後になんか苦しんでましたから。(さっきのお隠れになる、来るー?)
ていうかひーくん狐に日野ちゃま狐、そういうことはちゃんとうか様に進言しなさいなw

その後いなりは京子・丸ちゃんと合流し、丹波橋くんにもちゃんと謝ろうと改めて決意します。
しかし翌日、丹波橋くんはなぜか学校を休みます。
いなりは無事にお守りを渡して「頑張って」と伝えられるのか?
丹波橋くんは試合に出られるのか?
というところで第1話は終了です。

今回、第1話を見て二つ疑問が残りました。
一つ目はいなりの兄・燈日の行動です。
いなりを見つけたあと、燈日は誰もいない鳥居の上を睨みつけます。
そして翌日に登校する前にわざわざ神社に寄って、鳥居の上にいるうか様を睨みつけます。
燈日にはどうやらうか様が見えている様子。
何で睨む必要があるんでしょうか?
いなりが姿を消した原因がうか様にあると勘づいているんですかね?
この二人の関係性も注目すべきですかね。

二つ目は丹波橋くんの欠席です。
次の日はバスケの試合があるのに、なぜ休んだのか?
いなりを探していて風邪をひいた?(京子と丸ちゃんと燈日も同じ条件だったのに、そんなにヤワか…?)
天丼のお金を払えなくてトラブルになった?(だとしたらただのギャグw)
せっかくいなりが変化する力を手に入れたのだから、今後もそれを活用できるような展開にしないといけませんよね。
もしこのまま丹波橋くんが試合に出られないとすると、まさかいなりが代わりに出場したりするのでしょうか(・・;)
ドジっ子いなりが出ても、試合を引っ掻き回すだけになりそうだから、その展開にならないことを祈っておきましょう(汗

最後になりましたが、この話はツッコミどころが多いものの、なかなか面白かったと思います^^
ちなみに私の中で一番のツボは今のところ燈日です。
こういうお兄ちゃん大好き!
決して甘やかす態度は取らないんだけど、妹を大切に思っているのが伝わってきます。
C.C.さくらの桃矢のポジですねいいですね!(興奮)
本当に、これが緋色アニメのドライと同一人物とは思えない!
今後、燈日にも注目していきたいと思います♪
とりあえず、視聴確定です。

いろいろ脱線してすみませんでした(__;)
では、今回はこれで(ヾ(´・ω・`)

スポンサーサイト

clap

theme : -

Comment
Write Comment
secret?
プロフィール

さきち

Author:さきち
思ったことを適当に書きます。
好きなものはアニメ・漫画・ゲーム・声優さんなど。
日常のことに加えて趣味のことなんかもちらほら書く予定。
更新頻度はそんなに高くないかも。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

copyright © 2014 Powered By FC2 allrights reserved

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。