FC2ブログ
2018/09  January February March April May June July August September October November December
123456789101112131415161718192021222324252627282930
←2018/08   2018/10→
------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

clap

theme : -

20140124
いなり、こんこん、恋いろは。の第2話を見ましたので、簡単に感想です。
卒論終わるまで書かんのちゃうんかってお叱りは甘んじて受けますが、書きたくなったので書かせてください( ;∀;)< オネガイダヨー

さて、今回はいなりが丹波橋くんの家を訪れるところから始まります。
そしてさっそく、これ(笑)

インターホン押せない

いなりさん、緊張のせいでインターホンが押せません(ノ∀`)アチャー
これだけだと頑張れ!って応援したくなるのですが、コンちゃんの姿を見るや、めっちゃ悪い顔になりましたよ((((;゚Д゚))))

悪い顔

ヒロインのする顔じゃない(笑)
いなりが何を思いついたかというと、それは丹波橋くんの友だちの橋本くんに変身してやり過ごすことでした。
いやいやそこは元の姿で頑張りましょうや…。
思わず突っ込んでしまいました(笑)
変身設定入れちゃったから随所で使わないと意味ないのは分かりますがね(´・ω・`)
さきちは不器用ながらも恋に一生懸命ぶち当たっていく人が男女問わず好きなので、いなりにもそうしてもらいたいと思っていたのですよ…。
だからここだけちょっと残念でした。

橋本くんになったいなりは、丹波橋くんからエロ本を渡されそうになったり、病気のお母さんの看病をしているところを目撃したりと、丹波橋くんの別の一面を見ることになります。
ここでいなりは丹波橋くんとの出会いを思い出します。
いなりは中学の入学式に向かう途中で足に怪我をして、動けなくなってしまいました。
誰もが見て見ぬふりをしてしまうなか、丹波橋くんが学校までいなりを背負ってくれたのです。
自分が遅刻することも構わずに。
ねぇ、これなんてイケメン?笑
こんなできた子が今時居るかなあと疑問に思ってしまいました。
いなりがかわいくなかったら助けなかったのかな?←
かわいい子は得です(結論)。

あとですね、おんぶしたときのシーンで、

良いふともも

いなりのふとももがクローズアップされたわけですが。
ちょっと制作側に悪意善意を感じた瞬間でした。
うむ、良いふとももだ。

話は戻って。
何でいつも隠れて努力しているのか、しんどいときも笑っているのか。
それは母子家庭という、もっとたいへんな家の事情もあったからなのだといなりは気づきます。
そして思わず、料理をしている丹波橋くんの背中にぴったりと体をくっつけてしまいます。

気持ち的にはこっち

気持ち的にはこれが正解ですが、現実は↓

アッー!

アッー!(腐女子歓喜)

ちなみにさきちは腐女子じゃないですよ。
これ、橋本くんが本当にかわいそうだなって思います(笑)
本人の知らぬところでホモ認定とか、やめて差し上げてwww

気まずさから急いで丹波橋家を後にしたいなりは、稲荷神社に向かいます。
丹波橋くんの普段は見れない姿を見られて2828していたいなりに対し、うか様はなんだか浮かない表情(ダジャレじゃないですよ)。
「いなり、済まない」
とうか様が謝った直後、いなりは天照様の命令で遣わされた神(?)たちに拉致られて高天原へと護送車 銀河鉄道 電車?で連れて行かれます。
天照大御神様に会えるとのことでいなりは美女の神を想像してwktkしてましたが、その幻想はすぐに打ち砕かれます。

天照大御神

天照大御神はスルメ食ってるBBAだった…orz
もうこれピ●子ですやん。
渡る世間なアレですやん。
綺麗な女神さまよこせーヽ(`Д´)ノ プンスカ

ピ●子 天照さんは、自分に断りもなく神通力の一部をいなりに与えてしまったうか様を叱ります。
一度体に入ってしまった神通力は天照さんにも取り出せないらしく、新米の神として人間界を離れて長い年月の間、修行しないといけないとのこと。
もちろんいなりはそれを嫌がります。
そこで天照さんはいなりが人間として人間界で生き、かつ神の力を得るにふさわしいかどうかをテストするというのです。
テスト内容は、「明日一日、変身能力を使ってはいけない」でした。
いなりが力を使ったら修行が終わるまで帰れなくなる、そしてうか様はどこかの男神のところに強制的に嫁入りする、という条件で、いなりはこのテストを受けます。
そんな簡単でいいのか! 天照様って実は良い人なんかも♪
なんて浮かれるいなりでしたが、まあそううまくいくわけないですよねー(^_^;)

翌日、丹波橋くんを応援しにバスケの試合を見に行くいなりでしたが、その途中でかのアイドル・墨染さんと出会います。
目的地が同じだったので一緒に行くことに。
墨染さんと話をするなかで、いなりはだんだん彼女と仲良くなっていきます。

そんないなりをつまらなさそうに鏡を通して眺める天照さん。
どうやら天照さんは毎日引きこもって仕事ばかりしていたので、退屈しのぎに今回のテストを設けたようです。
しかし、何かハプニングがあるわけでも、恋敵とのバトルが展開されるわけでもなく、面白くないと感じていた天照さんは強硬手段に出ます。
風船が木に引っかかってしまい泣いている子ども。
なんといなりに助けを求めてきました。

これなんてホラー

「なあ、そこのお姉ちゃーん。僕の風船取ってぇ」

ぎゃーーーーーー((((゚Д゚;))))
変身ラブコメから一気にホラーに!笑
子どもになりきるにしても、もう少し顔をなんとかしろ!ww
結局いなりは木に登って風船を取ろうとしたのですが、体の小さないなりはなかなか取ることができません。
そんないなりに対して子ども役の神?は、
「あーあ、お姉ちゃんがもっと大きい大人やったらなあ」
と言います。
ここでいなりは天照さんがいなりに変身させようとしていることに気づき、意地でも変身するかと元の姿のままで風船をもぎ取ります(笑)
なんと勇ましい(笑)
その後も次々にやってくる刺客に対し、いなりは変身せずに耐え抜こうとします。

しかし、流石に数が多すぎて捌ききれないため、墨染さんと2人で体育倉庫?に隠れることにしました。
すると、墨染さんの様子がおかしいことに気づきます。
火照った顔に荒い息。
これはすぐに休ませた方が良さそうです。

えろい

「大丈夫。ちょっと暑いだけやから。伏見さんは大丈夫? 具合悪くない?」

自分の方がしんどいはずなのに、いなりの心配をする墨染さん…なんて良い子!
それにしてもエロい表情だ…(´Д`*)ハアハア
墨染さんのために水をもらってこようとしたいなりでしたが、天照さんの刺客たちに閉じ込められて外に出ることができません。ピーンチ!
どこか他に出口はないか探すと、いなりは高い位置にある小さな窓を見つけます。
ですが、いなりの体では出ることはできなさそう。(私から見たら十分出れそうな感じがしましたが)
「せめて、私がもうちょっと小さかったら…」
ここで変身してはいけないという天照さんとの約束を思い出しますが、いなりは自分のせいで調子が悪くなった墨染さんを放っておくわけにはいきません。

変身するよ!

「いなり、こんこん! 丹波橋くんの弟さんに、なーぁれ!」

ショタprpr

ショタキタ━━(*゚Д゚*)━━!!
ショタかわいいですありがとうございます←

無事に体育倉庫から抜け出したいなりは一目散に体育館へ。
ずびずび

「た、丹波橋くん、墨染さんが……!」

おうおう、必死なのは分かるけど、試合中は勘弁したってくれ(;^ω^)
こうやって他人のためになりふり構わない子は好感が持てるからいいですけど(笑)

無事に保健室に運ばれた墨染さん。
どうやら軽い熱中症だったようです。
なんかネットで墨染さんが病弱とか言われてますけど、これって天照さんが「人間なんてあたしがいなきゃ生活できないくせにーヽ(`Д´#)ノ ムキー!!」ってなってたときに器か何かを壊したせいですよね?
その直後にいなりが「急に暑なったなー」って言ってるので。
それにしても、墨染さんは本当に良い子。
「伏見さんがいてくれて、ほんまに良かった。ありがとう」
こんなに良い子だったら好きな人をとられても仕方ないって思っちゃいますわ。

墨染さんが両親に連れられて帰ってから、いなりは丹波橋くんと2人きりになりました。
もし、丹波橋くんの想いが墨染さんに届いたら、二人は、両想い…。
いなりは自分の恋よりも丹波橋くんの恋が実ることを祈り、以前から渡そうと思っていたお守りをとうとう渡します。

いなりかわいい

「丹波橋くんの、これからの毎日が、素敵な日でいっぱいになりますように!」
(丹波橋くんの恋が、実りますように…。)


あー、健気ですわ。
ここの表情、かわいいんだけど切なさがにじみ出てて好きです。

そしていなりは約束を守るために天照さんのもとへ向かいます。
もうみんなと会えない。
うか様も、自分のせいで嫁がないといけない。
いろんな思いが混ざり合って涙を流します。
ここ、本当はじわっとこないといけないシーンなんでしょうけど、流れ的に大丈夫なんだろうなと予想していたさきちは余裕で真顔でした←

いなりを迎えたうか様は、ちっとも怒りませんでした。
むしろ、友を優先したのだから胸を張っていいと。
天照さんに、自分は処罰を受けるからいなりは…と言ったところは男前でした。
まあ結局、許されるんですけどねwww
いなりを叱ることなく許したことにより、うか様がいなりを大事に思っていることが分かったと、天照さんは許してくれたのです。
うん、まあそんなことだろうと思った←
お咎めなしでわいきゃいしてるいなりとうか様を置いて、天照さんはこんな本音を漏らします。
ゲスww

(この状況で、「実はただの暇つぶしでしたー☆」なんて言ったら、流石に好感度ダダ下がりよねー。)

これぞ、暇を持て余した神々の遊び(・`ω・´)キリッ

そして無事に人間界に戻ってきたいなり。
教室に行くと、墨染さんが丹波橋くんにこの間の返事をしていました。
うまくいっている2人を見て、良かったと言いつつも複雑に思っているいなりでしたが…。

丹波橋「ほんまに良かったー。絶対墨染さんにマネージャーやってほしいって、部長言っててん!」

はいぃ!?Σ(゚Д゚;)
告白じゃなくて、マネージャーの依頼かよ!
1話で頬染めながら墨染さんを見つめてたんは何やってん!
紛らわしいことしとんちゃうぞ丹波橋ィ!!(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・ パーン
ていうかこの誤解がなかったらいなりが変身能力を得ることもなかったわけで。
すべての元凶はこいつやんけー!!(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・ パーン

自分が思っていた事実と違って呆気に取られていたいなりですが、丹波橋くんにお守りのお礼を言われて顔真っ赤っかになっちゃいます。かわいい。
とりあえず、丹波橋くんと墨染さんがくっつくことはなくて良かったねぇ。

このことをうか様に報告しに行くと、うか様は心から喜んでくれました。
いなりはうか様がずっと見守ってくれていたことを感じ、2人は仲良く身を寄せ合っていたのですが…。

兄ちゃんキタ━(゚∀゚)━!
「そいつから離れろ! いなりに近づくな!」

シスコン兄ちゃんキタ━(゚∀゚)━!
見えてる上に触れるとは……兄ちゃん何者や。
やっぱりうか様に対する態度がなんかおかしいですよね。
昔、何かあったのかもしれません。
次の話くらいで明らかになるといいですね。

2話は気になる引きで終了。
次回も楽しみです。

あれ?
冒頭で簡単に感想書くって言ったのに、案外長くなってしまった…(;・∀・)
まあ、ご愛嬌ということで…。

キャバクラ?

シメはうか様のキャバ嬢画像で!
( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!
clap

あ、最後に突っ込みたいところ。

真弘先輩?

うか様がプレイしてた乙女ゲーのキャラが緋色の真弘先輩みたい(´^ω^`)

CVが日野ちゃまじゃなくて岡野さんやったら完璧やったでぇ…。
あ、それだけです(笑)
ではまた(*´∀`)ノシ 
スポンサーサイト

theme : -

Comment
Write Comment
secret?
プロフィール

さきち

Author:さきち
思ったことを適当に書きます。
好きなものはアニメ・漫画・ゲーム・声優さんなど。
日常のことに加えて趣味のことなんかもちらほら書く予定。
更新頻度はそんなに高くないかも。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

copyright © 2014 Powered By FC2 allrights reserved

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。